キャッシング金利のポイント – 知っておきたい基本情報と選び方

この記事では、キャッシング金利の基本情報や選び方について解説します。

キャッシング金利の基本

キャッシング金利とは、キャッシングサービスを利用する際に支払わなければならない利息のことです。
金利は、キャッシングの費用を示す重要な指標であり、金利が高いほど借り入れコストが高くなります。
金利は一般的に年率換算で表示され、日割り計算で利息が算出されます。

銀行系・消費者金融系の金利の違い

キャッシングサービスは、大きく分けて銀行系と消費者金融系に分かれます。
それぞれの金利には以下のような違いがあります。

  • 銀行系キャッシング
    銀行が提供するキャッシングサービスで、金利が比較的低いことが特徴です。
    また、審査基準が厳しいことが多く、安定した収入がある人向けのサービスとされています。
  • 消費者金融系キャッシング
    消費者金融が提供するキャッシングサービスで、金利がやや高めですが、審査基準が緩やかで、緊急時の資金調達に向いています。

金利を比較する際の注意点

キャッシング金利を比較する際には、以下のポイントに注意してください。

  • 実質年率と最低金利
    実質年率は、複利計算を行った場合の年間金利であり、最低金利は、金利の下限を示すものです。
    金利を比較する際は、実質年率を確認しましょう。
    また、最低金利はあくまで目安であり、個人の信用状況によって金利が異なることを理解しておくことが重要です。
  • 金利タイプ
    金利には、固定金利と変動金利の2種類があります。
    固定金利は、契約期間中金利が変わらないため、安定した返済計画が立てやすいです。
    一方、変動金利は、市場金利の変動に応じて金利が変わるため、金利が下がる可能性もありますが、上がるリスクもあります。
    自分の返済能力やリスク許容度に合わせて、適切な金利タイプを選びましょう。

金利の影響を抑える方法

金利の影響を抑えるためには、以下の方法が有効です。

  • 短期間での返済
    キャッシングの利息は、借り入れ期間に比例して増えます。
    短期間で返済すれば、利息負担を抑えることができます。
  • 余裕をもった返済計画
    返済が滞ると遅延損害金が発生することがあります。
    返済計画を立てる際は、自分の返済能力を考慮し、余裕をもった計画を立てましょう。
  • 金利の低いサービスを選ぶ
    金利が低いキャッシングサービスを選ぶことで、コストを抑えることができます。
    ただし、金利だけでなく、サービス内容や審査基準も考慮して選びましょう。

まとめ

キャッシング金利は、キャッシングサービスを選ぶ際の重要なポイントです。
この記事では、キャッシング金利の基本情報や選び方について解説しました。
金利を比較する際は、実質年率や金利タイプに注意し、自分の返済能力やリスク許容度に合わせてサービスを選びましょう。
また、金利の影響を抑える方法として、短期間での返済や余裕をもった返済計画、金利の低いサービスを選ぶことが有効です。
これらのポイントを押さえて、適切なキャッシングサービスを選ぶことで、賢い借り入れができるようになります。

【完全ガイド】カードローン会社徹底比較!

どこのカードローンにするか迷っていたり、初めてカードローンを検討している人などに向けて書いた記事です。これを見れば自分が申し込むべきカードローン会社がわかります!
アコム

融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 3.0%~18.0% 最短30分
WEB完結 無利息期間 融資スピード
融資まで(※) 30日間 最短30分融資



モビット

融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 3.0%~18.0% 10秒簡易審査
WEB完結 無利息期間 融資スピード
融資まで 即日融資



プロミス

融資上限額 金利 審査時間
最大500万円 4.5%~17.8% 最短25分
WEB完結 無利息期間 融資スピード
融資まで 30日間 最短25分融資も可能



アイフル

融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 3.0%~18.0% 1秒診断(※)
WEB完結 無利息期間 融資スピード
※融資まで 30日間 最短25分