低金利カードローンの選び方とおすすめのカードローン

低金利のカードローンを探すことで、借り入れ時の負担を軽減することができます。
低金利カードローンは、返済期間中に支払う金利が少ないため、総返済額も抑えることが可能です。
この記事では、低金利カードローンの選び方やおすすめのカードローンを紹介します。

金利を比較するポイント

金利は、カードローンを選ぶ際の重要なポイントです。
以下の要素を考慮して、金利を比較しましょう。

  • 実質年率
    カードローンの金利は、実質年率で表されます。
    これは、1年間にかかる金利を示すもので、低いほど負担が軽減されます。
  • 金利タイプ
    金利には、固定金利と変動金利があります。
    固定金利は、契約期間中に金利が変わらないため、安定した返済計画が立てやすいです。
    変動金利は、市場金利に連動して変動するため、金利が低下する可能性もありますが、上昇するリスクもあります。
  • 金利適用期間
    一部のカードローンでは、期間限定で低金利が適用されるキャンペーンが実施されています。
    このようなキャンペーンを活用することで、金利負担を抑えることができます。

低金利カードローンの選び方

以下のポイントを考慮して、低金利カードローンを選びましょう。

  • 金利以外の条件
    金利だけでなく、返済期間や借入限度額、手数料なども比較して選ぶことが重要です。
  • 信頼性
    銀行や信販会社、消費者金融など、金融機関の信頼性も考慮しましょう。
    大手銀行や信販会社が提供するカードローンは、安心感がありますが、消費者金融でも優良なサービスを提供しているところがあります。
  • 審査基準
    低金利カードローンでも、審査基準が厳しい場合は、利用できないことがあります。
    自分の収入や信用状況に合った審査基準のカードローンを選びましょう。

おすすめの低金利カードローン3選

以下に、おすすめの低金利カードローンを3つ紹介します。

  1. 三井住友銀行「新生活応援カードローン」
    実質年率2.0%~14.0%で、金利が非常に低いカードローンです。
    返済期間は最長10年まで設定可能で、最大500万円までの借入が可能です。
  2. 楽天銀行「楽天銀行カードローン」
    実質年率3.0%~15.0%の低金利で、インターネットバンキングを利用している人にとって手軽に申し込めるカードローンです。
    最大500万円までの借入が可能で、返済期間は最長10年です。
  3. 三菱UFJ銀行「バンクイック」
    実質年率2.8%~14.6%の低金利で、最大1,000万円までの借入が可能です。
    返済期間は最長15年まで設定でき、借入額に応じて金利が低くなる制度があります。

注意点と審査基準

低金利カードローンを利用する際は、以下の点に注意しましょう。

  • 借り過ぎに注意
    金利が低いからと言って、無計画な借入は避けましょう。
    返済計画を立てて、無理のない範囲で利用しましょう。
  • 審査基準
    低金利カードローンでも、審査基準はそれぞれ異なります。
    信用状況や収入、勤務先など、審査基準に合致するか確認してから申し込みましょう。

まとめ

低金利のカードローンを選ぶことで、返済時の負担を軽減できます。
金利だけでなく、信頼性や審査基準、返済条件なども総合的に比較して、自分に適したカードローンを選ぶことが大切です。
本記事で紹介したおすすめの低金利カードローンを参考に、無理のない範囲で利用して、賢い借り入れを心がけましょう。

【完全ガイド】カードローン会社徹底比較!

どこのカードローンにするか迷っていたり、初めてカードローンを検討している人などに向けて書いた記事です。これを見れば自分が申し込むべきカードローン会社がわかります!
アコム

融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 3.0%~18.0% 最短30分
WEB完結 無利息期間 融資スピード
融資まで(※) 30日間 最短30分融資



モビット

融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 3.0%~18.0% 10秒簡易審査
WEB完結 無利息期間 融資スピード
融資まで 即日融資



プロミス

融資上限額 金利 審査時間
最大500万円 4.5%~17.8% 最短25分
WEB完結 無利息期間 融資スピード
融資まで 30日間 最短25分融資も可能



アイフル

融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 3.0%~18.0% 1秒診断(※)
WEB完結 無利息期間 融資スピード
※融資まで 30日間 最短25分